1. トップページ
  2. 診療コンセプト

健康な人生のパートナーでありたい

健康な人生のパートナーでありたい矯正を始める時は誰もが緊張しますが、同院ではメディカルディレクター(MD)による、一人ひとりに合ったコンサルティングを受けることができるので安心して治療に臨むことができます。

「患者さんとドクターの間に入り、なかなか口に出していえない悩みをいつもお聞きすることで、矯正に対する不安を少しでも取り除けるようサポートしていきます。気になることがあれば何でもご相談下さい。」(MD)

「治療は医師だけで行えばよいというものではありません。当院はお口だけでなく生活全体を考える医療を心がけているので、さまざまなアプローチができるよう専門知識を生かしたチーム医療で患者さんをサポートしています」

不安な気持ちを受けとめてくれる心の通ったスタッフは、子どもにはとくに心強い存在です。ある子どものお母さんから「これまで行った歯医者では、泣き叫ぶところをおさえつけられ治療を受けていました。でも、ここに来てからは、むしろ歯医者に行くことを楽しみにしているようです。やっと見つけた!という気持ちです」といううれしい言葉をいただいております。

「今日は大きなお口が開けられるようになったねとか、前よりたくさんお話してくれたねなど歯医者で感じられる、お子さんの"心の成長"を大切に考えています」

「治療期間中、器具の調整の痛みになどで患者さんは不安な思いをされます。そんな患者さんに精一杯の気持ちでもてなしをしたいと考えています」

現れている症状だけではなく、その人の環境・価値観・ライフスタイルを患者さんと共に考え、心と体の健康増進をはかった治療を一緒にはぐくみたいと考えています。

心の成長

こころカード

当院では自分の名前にはどんな思いがあるか、といった質問を予約ハガキで提供します。 子どもたちは親に話を聞き、書き込み、満面の笑みでもってきます。 ほかにもイベントに関わる楽しみがこのハガキには満載です。 

こころ新聞

毎月発行している『こころ新聞』には、体の健康に関する話題もいっぱい。 歯の話だけでなく、一人ひとりの健康と家族について考えるテーマが盛り込まれ 心と健康を育てることに力を入れています。

WEBサイト

当院のホームページには『MDニュース』と言うコーナーがあり、 メディカルディレクターが毎月季節に合わせてた健康情報を提供しています。 これは健康で美しい日々をすごすための『生き方ヒント』が掲載されており、 あらためて自分の体と心をふり返るよいきっかけになってほしいと考えています。

家庭を育む医療

家族全員が集まり、バランスのよい食生活を送るということは、しっかりしたあごや体をつくり、健康状態を保つことにつながります。明るく笑えることの幸せは、みんなを朗らかにし、心まで明るくなります。

私たちの治療は歯を診て、患者様の食生活や生活習慣からくるお口のトラブルを改善するためにどうしたらいいのかを考えることから始まります。
歯の治療はもちろんですが、どんな食生活がいいのか、ストレスを減らし、よりよい機能と心を保つこと、なぜ家族とのだんらんが大切なのか、ご理解していただき、家族の幸せと健康を考えていきます。

お口の健康を管理することをスタートとして、専門的な視野で患者様の心身をメンテナンスしていくことが私たちの目標です。健康な歯やお口を維持するためには、栄養価の高い旬の素材をふんだんに使った料理や、家族そろった楽しいだんらんの心はとても重要です。

近頃、口の中を浄化する『だ液』の分泌が少ない人や味覚異常を起こす若者、硬いものをかめない子どもが増えています。これはやわらかい料理やインスタント食品、加工食品の普及が原因だともいわれています。根野菜など歯ごたえのあるものをしっかりかんで食べると『だ液』も十分分泌され、あごも鍛えられ、整った顔立ちになります。

また必須ミネラルである亜鉛が不足すると、味覚異常を起こしたり、栄養のバランスが崩れると免疫力もおとろえます。

このページの上へ