最新の義歯の種類(保険外の義歯)

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者さまのご希望をお聞きし、次に患者さまの口の中の状態や咬みあわせを検査させていただいた上でもっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。 
そして、最後に患者さまに決めて頂いております。

総義歯の種類

精密審美義歯 自分にぴったりの入れ歯を作りたい人へ

精密金属床義歯一番多く使われる材料ですが、従来の製作法ですと、レジン製の総入れ歯・義歯は生成時に収縮しやすく、また厚みもあるため、違和感があると言われていました。
しかし、当院では精密な入れ歯・義歯を作る製法にておつくりしますので、違和感のない、なじみのよい総入れ歯・義歯を作ることが可能です。

 

精密金属義歯 何でもよく咬みたい人へ

精密金属義歯総入れ歯・義歯の床(下に当たる部分)を金属でおつくりするので、丈夫で長期使用でも割れづらく、また耐久性がよく、熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。
また、非常に薄いため違和感が少なく、しゃべりやすいです。

 

O-リングアタッチメント 絶対落ちない入れ歯がほしい人へ

O-リングアタッチメント歯の根にスナップボタンのようなものを付けて固定するので安定力があり入れ歯のバネも見えなくつくれるので、見た目もすっきりしています。

  • 大きな入れ歯でガタガタ動くのがイヤな人に向いています。
  • 老けてみえにくい。
  • 何でも食べやすい。
  • 大きな口をあけても落ちない。

 

審美・精密金属床義歯 しっかり咬みたい!!でも針金が見えるのはイヤな人へ

審美・精密金属床義歯土台(床)の部分が金属の入れ歯が金属床です。
土台がレジン(プラスチック)の保険の入れ歯は厚みで強度を確保しますが、金属床の場合は強度に優れた金属のため、薄くて軽い快適な入れ歯をつくることができます。
違和感が少ないだけでなく、金属の優れた熱伝導率により食べ物の温度を敏感に感じることができ、今までのような食感を楽しむことができます。また、適度な密着感により会話も楽になります。また、内側に多くの金属を使用することで口唇側から針金がない状態をつくります。

 

エステ義歯

精密金属床義歯材質は強化プラスチックでできており、バネがないので入れ歯が入っているこがわかりにくいです。
また厚みが薄いため、違和感が少なくつくることができます。
また、金属のバネでない為、周りの歯に負担が少なく、保険の入れ歯より精密に作るため装着感が良い義歯です。

 

インプラントアタッチメント 入れ歯を固定する歯がない人へ

インプラントアタッチメント人工の歯の根を使って固定源を作ります。
あとは上部でスナップボタンのようなものを付けて固定します。

 

特殊調整義歯 どんな入れ歯も合わなかった人へ

特殊調整義歯顎の骨が無くて、何回作り直しても合わない人に向いています。
骨がないとギシは安定が悪く動いてしまい咬みにくかったり、ずれて痛くなったりします。
大きく安定のとれる入れ歯を作るためには特殊な調整が必要です。
シリコンを使う時もあります。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。