1. ホーム
  2. 大東市の皆様へ 歯周病のご案内

大東市の皆様へ 歯周病のご案内

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。 歯周病とは 30代の80%が歯周病です 実は歯周病は自覚症状が無いまま知らず知らずに歯がグラグラになって歯が抜け落ちてゆく恐ろしい病気です。 進行すると口臭もきつくなるのですが、自分で気づきにくいのも口臭です。 歯周病なのに気がつかなかった人は要注続きを読む

大東市の皆さまへ 子供の歯のしおりQ&A

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。 何歳くらいで相談したらよいのでしょうか? 不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は症状により異なります。 大人になってからも矯正できますか? もちろん大人でも矯正はできます。最近は日本でも、大人で矯正する人が増えています。年齢に上続きを読む

大東市の皆さまへ 小児歯科 患者様の声

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。 O君(小学生)ママ 我が子が矯正治療を受けての感想 装置をはめて数ヶ月、他の歯科で装置をはめている女児(同年)から、「きれいね私もそんな装置にしたい!!」とうらやましがられ、本人は大変満足な表情で勇気と自信を持ってこの課題に取り組めたようです。 大続きを読む

大東市の皆さんへ 矯正治療の料金について

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。 矯正治療の料金について ※自費治療はすべて保険適用外となります。 項目 合計 A : 相談料 (\3,000) ¥3,000 B : 資料診断料 (\47,000) A+B ¥50,000 C : 1~2歯矯正 (¥250,000) A+B+C ¥続きを読む

大東市の皆さまへ インプラント手術後の味覚や食べた時の感触について

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。 インプラントにして味覚や感触が悪くなる事は殆ど有りません。 インプラントを埋入する前に入れ歯やブリッジを採用していた患者様では、十分に噛めていない・食べ物がおいしく感じられない等の不満が有りますが、インプラントでは、その心地良さに感動するがたくさん続きを読む

インプラント手術後の味覚や食べた時の感触について

インプラントにして味覚や感触が悪くなる事は殆ど有りません。 インプラントを埋入する前に入れ歯やブリッジを採用していた患者様では、十分に噛めていない・食べ物がおいしく感じられない等の不満が有りますが、インプラントでは、その心地良さに感動するがたくさんいらっしゃいます。 インプラント治療は顎の骨に人工歯根を直接埋め込み、それを土台にした義歯を装着する為、自分の歯とほぼ同じ感覚でしっかり噛める事が最大の続きを読む

大東市の皆さまへ 矯正方法と装置の種類

矯正治療で行動パターンや生活習慣を見直して、健康を考え直す 同院では今までの矯正方法とは違い、できるかぎり歯を抜かないで歯並びを整える矯正方法や、ストレートワイヤーテクニック、白いセラミック製の矯正器具を用いた治療なども行い、患者さんのストレスができるだけ少なくなるように配慮をしています。 「子どもの矯正の場合は歯を抜かない場合も多く、痛みやストレスを最小限におさえながら治療することができます。ま続きを読む

大東市の皆さまへ インプラント治療は患者様の健康状態により受けられない場合が有ります

こんにちは、大東市にお住いの方へのメッセージです。大東市にお住いの方にも西田歯科で取り組んでいる治療や内容を知って頂きたくご案内させて頂いております。   基本的に誰でもインプラント治療を行う事は可能です。 ただし、顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方などは、GBR法やサイナスリフト法と呼ばれる、「骨造成術」による再生療法が必要になる場合が有ります。 また、全身に以下の疾続きを読む

インプラント治療は患者様の健康状態により受けられない場合が有ります

基本的に誰でもインプラント治療を行う事は可能です。 ただし、顎の骨が痩せて細くなってしまった方、上顎洞が大きい方などは、GBR法やサイナスリフト法と呼ばれる、「骨造成術」による再生療法が必要になる場合が有ります。 また、全身に以下の疾患がある方は、手術を見合わせた方が良いでしょう。 ・高血圧で、降圧剤等によりコントロールがされていない方 ・心筋梗塞、脳梗塞を起こしてから、半年以内の方 ・血液疾患の続きを読む

このページの上へ